キャプテン・マーベルになるための心と体づくり

Credit: CC0 Public Domain

Brie Larson was hanging upside down and suspended by her legs when she was about to attempt one of her most challenging “Captain Marvel” stunts for the first time on set.

女優のブリー・ラーソンは、映画『キャプテン・マーベル』の中でも一番難しい180度回転するスタントの練習で宙に吊られていました。

It had already been a long day by the time the 29-year-old actress was dangling by a wire system. She had filmed other scenes for hours, dashed to a costume fitting and promptly returned to squeeze in this inverted rehearsal before shooting the sequence later that week.

29歳のラーソンは他のシーンを何時間も撮影した後に急ぎ衣装合わせをし、このスタントに挑みました。

そしてその週の後半にはまた撮影に戻っていったのです。

“I remember building up to this moment, if we were going to allow her to do it—if she was going to have enough strength and confidence to get past it,” Walter Garcia, the fight coordinator and assistant stunt coordinator said.

ファイト・コーディネーター兼アシスタント・スタントコーディネーターのウォルター・ガルシアは「本当に彼女が成功するのか?そのための体力と自信を持ち合わせているのか?難しいスタントに挑む彼女を見つめ、これまで積み重ねてきた時間を思い出していました」と語ります。

Yet as planned, Larson perfectly executed the stunt fall. She dropped four feet, flipped 180 degrees, and landed on her hands and feet.

彼女は宙づりの状態から飛び降りて、180度くるりと回転し着地。この反転スタントを完璧にやり遂げました。

“There was just an outburst from the whole team,” remembered Garcia.

「その場にいた全員が歓声をあげましたよ」とガルシアは懐かしみます。

“It was a special moment for not only the team to see her do it, but for her to build herself up to get to that point,” he said. “Because months before that, she would never consider doing anything like that.”

「現場スタッフも感動しましたが、彼女自身にとっても反転スタントをやり遂げることができた特別な瞬間でした。ほんの数カ月前まで、彼女はこんなことができるようになるなんて想像もしていなかったはずです」。

It’s true. Before the Oscar winner was cast as one of the most powerful heroes in the Marvel Universe, Larson was “never particularly active,” she admitted. Despite not being able to do a push-up or pull-up at the start of her training, Larson achieved her goal of performing most of her own stunts for one of the most anticipated movies of the year, out March 8.

それもそのはず、オスカー受賞歴もあるブリー・ラーソンは、マーベル・ユニバースのメインキャストに選ばれるまでは特にアクションをこなすような女優ではありませんでした。トレーニングを始めた頃は腕立て伏せや懸垂もできなかったにもかかわらず、彼女はこの映画でスタントをほぼ自分でこなすという目標を達成しました。

So how did Larson gain superhero strength—and how can you?

では、ラーソンはどうやってスーパーヒーローの強さを手に入れたのでしょう?

Here’s a guide to train like a noble Kree warrior hero based on the star’s nine-month training plan—a process that helped her “get in touch with my body and strength, physically and mentally, in a way that I had never allowed myself to,” Larson said.

ラーソンは、「クリー族最高のヒーロー(映画の中での架空設定)」になるための9カ月間に渡るトレーニングによって「肉体的にも精神的にもこれまでで一番、真剣に自分の身体と向き合った」といいます。

Warning: Use caution before trying any of these advanced moves at home.

注意:以下の激しいトレーニングを自宅で行う場合は十分に周囲の安全を確保してください。

SET AN APPROPRIATE GOAL

適切な目標設定

Larson’s initial inspiration was not a fellow superhero actor, but Emily Blunt in Warner Bros.’ “Edge of Tomorrow.” She actually tracked down Blunt’s trainer, Jason Walsh, and asked him to help her.

ラーソンにまず影響を与えたのはスーパーヒーローを演じる仲間の俳優ではなく、映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の中でリタ役を演じたエミリー・ブラントでした。ラーソンは、ブラントのトレーナーを務めたジェイソン・ウォルシュにアドバイスを求めました。

His first piece of advice? Don’t get caught up in achieving a certain look. Focus on building your strength, and the aesthetics will come later, said Walsh.

ウォルシュからの最初のアドバイスは「見た目にとらわれないこと」でした。「体を鍛えることに集中すれば、見た目は後からついてくる」と彼は言います。

“The aesthetic thing to me is the easiest part,” Walsh explained. “I could work with someone for two weeks and put them on a diet. They would look great, but do you really think that they would hold up? There’s much more to being strong than just muscular.”

He added, “The goal was to get Brie psychologically as strong as she was physically, because I knew what that was going to do for her character. Nothing feels as good as being strong.”

更に彼は「私にとって美をつくること自体はとても簡単です。一緒に2週間トレーニングをすればダイエットはできます。見た目も完璧になりますがそれは持続できるでしょうか?強さとは筋肉量ではないのです。目標は『本人が精神的な強さを鍛えること』にあります」と語ってくれました。

MAKE A TIMELINE (DON’T RUSH IT!)

スケジュールの作成

Walsh, who trained Emma Stone for “La La Land,” Alison Brie for “GLOW” and Bradley Cooper for “American Sniper,” turns down more work than he takes on due to time-frame issues. He often gets requests from studios to train actors “to be in top shape” with just a few weeks’ notice.

彼はこれまで『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン、『GLOW』のアリソン・ブリー、『アメリカン・スナイパー』のブラッドリー・クーパーのトレーニングを担当しました。しかし、スケジュールには制限があるため、他にも多くの依頼を断らなければならないほど人気のトレーナーなのです。

映画スタジオからは「数週間以内で最高の身体をつくりたい」と依頼されることも多いようです。

“There are a lot of performance-enhancement drugs out there, because unfortunately these studios have unachievable goals for people in a short amount of time,” Walsh said. “They put a lot of pressure on these actors to look a certain way, and they don’t give the kind of time that it takes.”

「非常に残念なことに、映画スタジオは短期間では実現不可能な目標を俳優たちに課してしまうため、運動能力を向上させるための薬物が出回っています。映画スタジオは俳優たちにルックスの注文はするけれども、それを達成する十分な時間を与えていないのです」とウォルシュは言います。

Here’s how Larson did it safely, which gives you an idea of how long it would take a mere mortal to get into truly elite shape:

ラーソンのトレーニング内容を見れば最高のコンディションを作るには通常どのくらいの時間を要するのかが理解できます。

1—3 months: Foundational training before “Avengers: Endgame”

3—6 months: Training continues during “Avengers: Endgame,” back and forth between Atlanta and L.A. Walsh noted: “This was more of a maintenance thing. You don’t want to train people super hard when they’re shooting 14- to 16-hour days.”

6—9 months: Focused “Captain Marvel” training, with two months of technical work for stunts and fights

1~3カ月目:『アベンジャーズ エンドゲーム』に向けた準備の基礎トレーニング

3~6カ月目:『アベンジャーズ エンドゲーム』の撮影の合間に、アトランタとロサンゼルスを往復してトレーニングを継続。ウォルシュは「この期間のトレーニングはメンテナンスに近いものでした。毎日14~16時間も撮影している人間に、厳しい訓練は必要ありませんから」と話します。

6~9カ月目:『キャプテン・マーベル』の撮影に集中し、スタントと格闘シーン用のテクニカルトレーニングを2カ月間にわたって行いました。

So ask yourself: How much time do I have? Is my goal achievable with what I’m trying to acquire? That’s how Walsh approached Larson’s workout plan after consulting with her, the studio and the stunt teams.

「このスケジュールで本当に目標が達成できるのだろうか?」そうやって自身を追い込みながらウォルシュはラーソン・スタジオスタッフ・スタントチームと相談しながらトレーニング計画を作り始めました。

TRY 5 MOVES THAT LARSON USED

ラーソンの5つのトレーニング

If you have watched one of the “Captain Marvel” trailers, you might have noticed that Carol Danvers has a rougher fighting style than other women in the Marvel Cinematic Universe. That was intentional, says Garcia.

『キャプテン・マーべル』を見れば、ラーソン演じるキャロル・ダンバースがマーベル・シネマティック・ユニバースで一番激しい戦闘スタイルのキャラクターだということが分かるでしょう。それには狙いがあります」と、前述のガルシアは言います。

It’s a trend that film expert and Blerd City Con founder Clairesa Clay has noticed in recent years, with female action heroes appearing “much more valued and on par with men.”

映画の専門家であり、Blerd City Con創設者のクラレサ・クレイは、近年女性のアクションヒーローが男性と対等に見られているというトレンドに注目しています。

“Superhero films are going in a direction of teaching younger women not to be afraid to be as strong as a man. You can still be feminine, you can still be a girl, but that doesn’t mean you cower to men or you’re not on equal footing.”

「近年のスーパーヒーロー映画は、若い女性に対して男性のように強くなっても良いと伝える傾向にあります。たとえ女性らしくふるまったとしても、男性に対して萎縮しているわけではありません。対等な立場だと伝えています。」

To help continue that trend with powerful punches and stunts, Larson began with daily 90-minute workouts for the first six months, before ramping up to twice-daily two-hour workouts. She started with these exercises:

このようなトレンドを背景に強力なパンチやスタントを披露するため、ラーソンは最初の半年間は毎日90分間、それ以降は毎日2時間のトレーニングをこなしました。

ラーソンが取り組んだエクササイズをご紹介しましょう。

1. Hip thrusts

1.ヒップスラスト

Beginner: Lie on the floor, knees up, feet flat, as if you’re about to do an old-school sit up. Instead, press the back of your arms into the ground, engage your glutes, and lift your hips toward the ceiling 15 to 25 times. Continue until you feel the burn in your butt.

Advanced: Hold a 10-pound weight above your hips as you lift and lower. Keep your movements slow and controlled and add more weight as needed.

Superhero: Larson worked her way up to weighted, 400-pound hip thrusts, Walsh said.

初心者:仰向けになり膝を立てて床に足を平らにつけます。腕の後ろ側を床に押し付けて天井に向けてお尻を15~25回ほど持ち上げます。お尻の筋肉に疲労を感じるまで続けてください。

上級者:腰の上に約5kgの重りを乗せ同様に上下運動をします。速度をゆっくりとコントロールしたり重りを増やしたりして調整します。

ラーソンの場合は、約180kgまで重りを増やしたとのこと。

2. Push-up drills

2. プッシュアップドリル(腕立て伏せ)

Beginner: If you can’t do a push-up, don’t fret. Walsh helped Larson do her first one by starting with a pad on the floor beneath her chest. (You can also use a folded towel).

Start in a plank position with your arms extended. Keeping your back and waist flat, slowly lower your body. Once your chest touches the pad, drop your knees. Then perform the reverse, extending your arms, straightening your legs and returning to the position in which you started.

Next, hover in a plank position with your arms bent for 30 seconds.

Advanced: Add weight to your back. Increase as needed.

Superhero: By the end of her training, Larson could do push-ups with 50-pound, weighted chains on her back.

初心者:腕を伸ばしたプランクの状態から始め背中と腰を平らにしてゆっくりと下半身を下ろします。胸がパッドに当たったら膝を床につけます。そこから逆の動作を行い腕と足を伸ばし最初の状態に戻る。そして、腕を曲げた状態でプランクの姿勢のまま30秒数えます。

上級者:背中に重りを乗せて調整しながら増やしていきます。

ラーソンがトレーニングを始めた頃は、胸の下にパッドを置いていたようですが、最終的に彼女は約20kgの重りを背負って通常の腕立て伏せをしたとのこと。

3. Bulgarian split squat

3.ブルガリアンスプリットスクワット

Beginner: Take a knee, with your left knee touching the ground and your right leg in a deep forward lunge.

Raise yourself up, and then lower yourself back down to the starting position, maintaining your control. Keep your back straight and your knee from moving beyond your ankle, then switch sides. An alternative starting position is resting your left foot on a step stool or bench behind you for an extra extension.

Advanced: Hold weights as you do it. Once that’s comfortable, do one and a half reps, by coming all the way down, halfway up, back down and then stand up. You can also do these across an open floor with a barbell above your head, like Larson did at times.

Superhero: Marvel’s frontwoman eventually executed these with 60-pound dumbbells in each hand, or 120 pounds total.

初心者:左膝を自身の真下の床につけて右足を前に遠くまで突き出します。背筋を伸ばし安定感を保ちながら元の位置に上体を下ろします。ポイントは背筋を伸ばし膝が足首のラインより前に出ないようにすること。左右それぞれ行います。

上級者:重りを持って行います。それが簡単になってきたら同じ動きをした後に上体を途中まで上げ、また下げ、立ち上がります(通常の動きを1.5回繰り返します)。ラーソンがしたように、バーベルを頭上まで持ち上げながらトレーニングしてもよいです。

ラーソンの場合は、最終的に両手に約30kgずつ合計で約60kgのダンベルを持って行ったとのこと。

4. Pull-Up Drills

4.プルアップドリル

Since upper-body strength was critical for Larson’s stunts, like rope swings, pull-up drills were a big part of her workouts.

Beginner: With the help of a partner or by yourself, jump to the top of the pull-up bar and raise your knees. Lower yourself with control and repeat.

Advanced: Work on the weaker joint angles by jumping to the top and lowering yourself until your arms are at about 90-degrees. Hold this for 10-15 seconds. Then drop down.

ラーソンが行ったスタントでは、ロープでスイングするような動きを出すために上半身の体力をつける懸垂トレーニングに多くの時間を割きました。

初心者:懸垂バーにつかまり、膝を持ち上げます。身体を安定させながらゆっくりと体を下ろす動作を繰り返します。

上級者:懸垂バーにつかまったら両肘を曲げて最上部へ。そこから肘の角度が90度になるくらいまで身体を下ろし、10~15秒間数えてから下ります。

Once you’re ready for full pull-ups, start with a chin-up grip, with palms facing in, since that tends to be easier. Work your way to an over-hang grip, with your palms facing out. Once you master the single pull-up, do three in a row.

Superhero: Larson went from not being able to complete one pull-up to doing six consecutive ones.

完全な懸垂は、まず手のひらを内側に向けた簡単なグリップから始めます。それができるようになったら、手のひらを外側に向けたグリップで同様に行います。これが1回できるようになったら、3回を目標にしてください。

ラーソンの場合は一度も懸垂ができない状態から6回までできるようになりました。

5. Landmine dead lift

5.ランドマイン・デッドリフト

Beginner: Hold a kettlebell or dumbbell that’s light enough to allow you to maintain proper form. Start by engaging your glutes, bend at the waist, maintain a flat back, and keep the weights close to your lower body. Keep the glutes engaged as you stand up, bringing your hips forward to return to the starting position. That’s one rep.

Advanced: Stagger your legs to target each side, increasing the weight when you’re ready.

Superhero: “She got to a 225-pound deadlift, which is insane,” Walsh said.

初心者:身体の安定を保てる程度の重さのダンベルを持ちます。背筋をまっすぐ伸ばしたまま上半身を前に倒し、重りを下半身に近づけます。ここから立ち上がるときにお尻の筋肉に集中しながら最初の位置に戻ります。これで1回です。

上級者:両足を左右に開いた状態で行い徐々に重りを増やします。

ウォルシュによると「ラーソンの場合は約100kgまで重りを増やしましたが、これは異常」とのこと。

Bonus Drill: From “Sled” to Car

さらに上級者:動かす対象を「そり」から「車」へ。

The lines between actress and real-life superhero blurred when Larson achieved her ultimate goal: pushing a 5,000-pound Jeep by herself.

“She got so strong pushing and pulling the sled that we wanted to do something that was radical, and I knew she’d be safe doing it,” Walsh noted. “It’s just something she aspired to try.”

なんと、ラーソンは約2トンのジープを一人で動かすという最終目標を達成し、本物のスーパーヒーローになりました。「彼女は簡単にそりを動かせるようになったので、ちょっと面白い挑戦をしてみようと思ったんです」とウォルシュ。

Getting to that point started with a drill that anyone can practice from home.

Beginner: Standing arm’s length away from a wall, extend your arms and push into the wall as you run in place.

Advanced: If you have access to a weighted “sled” at your local gym, practice pushing it along an open floor, keeping your back flat.

Superhero: This is only for the strongest beings in the Marvel Cinematic Universe. Larson was able to push a Jeep for 60 seconds.

このようなトレーニングも最初は誰でも自宅でできるものから始まったといいます。

初心者:腕を伸ばして壁を押しながら足踏み(その場でランニング)をします。

上級者:ジムに通っている場合は背中をまっすぐにしたまま重りのついた「そり」を押します。

ラーソンは、ジープを60秒間押し続けることに成功しました。これはマーベル・シネマティック・ユニバースのトップスターだけがなせる技でしょう。

DEVELOP A SKILL

スキル開発

Now that you’ve improved your physical fitness, challenge yourself to try a new technique. That’s how Larson was able to complete most of her own stunts, with the help of stuntwomen Joanna Bennett and Renae Moneymaker doubling for her in a number of scenes.

体力がついたら、どんどん新しいトレーニングに挑戦することを勧めます。最終的にラーソンはスタントマンの助けを借りてスタントシーンのほとんどを自分で演じることができました。

For the final two months of training, Larson worked two to three hours a day for five days a week, on top of her continued personal training, to develop authentic fighting techniques. She focused on footwork, stance, and a variety of fight choreography, including kickboxing, judo and wrestling.

トレーニング終盤の2カ月間、ラーソンはパーソナルトレーニングに加えて本格的な戦闘テクニックを身に着けるために、フットワーク・護身術・キックボクシング・柔道・レスリングなどを週5日、日に2~3時間、訓練を行っていました。

“We really wanted to make her powerful and not very dainty with fluidness like (Marvel heroines) Wasp or Black Widow,” Garcia said of the fighting styles he taught her. “We wanted her to have more of a rugged kind of feel to the character so that you really feel the strength when she’s fighting.”

ガルシアはラーソンが習ったこれらの格闘技について「ワスプやブラック・ウィドウ(アベンジャーズシリーズに登場するキャラクターである)のような上品なイメージではなく、戦闘シーンから本当の強さが感じ取れるようにパワフルなイメージを与えたかったのです」と話します。

PRIORITIZE YOUR MENTAL HEALTH

メンタルヘルスの重要さ

Remember that inverted stunt mentioned earlier? That would not have been possible had Larson not maintained her mental health, asserted her trainers. Their advice is to meditate or develop a mantra to push through tough days.

冒頭に説明した180度回転するスタントは、もしラーソンがメンタル面で健康でなかったら達成することはできなかっただろう、とトレーナーたちは断言しています。ラーソンが受けたアドバイスは『瞑想すること』、そして厳しい日々を乗り切るために『自分なりの合言葉を作ること』でした。

As for Larson and her stunt team, they developed the motto, “This is why we train.”

ラーソンとスタントチームは「トレーニングには理由がある(This is why we train)」というモットーを作りました。

That mental grit was key, said Garcia. “By the time we got to the stage that maybe would challenge most, she was able to mentally, physically and emotionally handle these things with an aggressive grace.”

ガルシアはその精神力がとても重要だと語ります。「トレーニングの最終ステージに到達する頃にはラーソンは精神的、肉体的、そして感情的にも全てのことに問題なく対処できるようになっていました。」

CELEBRATE HOW FAR YOU’VE COME

自分の成長を認める

Looking back at her intense training, Larson reflected, “Using my body as a tool that can do incredible things was the beginning of unlocking myself and unlocking who Captain Marvel is as well.”

それまでの激しいトレーニングを振り返り、ラーソンは「自分の身体を使って信じられないようなことができるようになったことが、自分自身を解き放ちキャプテン・マーベルとは何かを理解するきっかけとなりました」と振り返ります。

Walsh agreed, explaining that their work in the gym was crucial for her character building.

ウォルシュは、ジムでのトレーニングはキャラクター作りにもとても重要と説明します。

“I think that just goes hand in hand with a superhero,” he said. “Especially in the beginning when they’re figuring out what their superpowers are, like ‘I can what? I can do this? I can do that?’ It’s very much in line with that.”

「最初の頃、スーパーヒーローとは何かを定義するため、『ヒーローとはどんなことができる人か」を話し合いました。多くのことを乗り越えた彼女を見て、改めて、スーパーヒーローと仕事をするというのはこういうことなんだなと感じました。」

And proving that the aesthetics come when you put in the work, costume designer Sanja Milkovic Hays had to take in Larson’s costume multiple times as the actress got leaner. She made more than five suits, but the adjustments were worth it.

衣装担当のサンジャ・ヘイズはラーソンの身体の変化に合わせ衣装を何度も調整しました。仕立て直したスーツは5着を超えましたが、この調整にはそれだけの価値があったのです。

“Because she was so strong, she really moved like a superhero. If you’re not as strong as she is, (the costume) doesn’t look right,” Hays said.

「彼女は非常に強くなり、その動きは本当のスーパーヒーローでした。強くなければコスチュームを着たところでヒーローになれないのです」とヘイズは言います。

HAVE FUN

楽しむこと

Prepping for “Captain Marvel” wasn’t all done in the gym. “I do think it’s important to say that it took a nutritionist, two different trainers, a paleo meal delivery service, a lot of mozzarella sticks, and a lot of sleep and water,” Larson said.

映画『キャプテン・マーベル』作りに必要だったのはエクササイズだけではありません。ラーソンは「栄養士と2人のトレーナー、栄養管理された食事配達サービス、モッツァレラスティック、十分な睡眠と水、すべてが不可欠だったのだと思います」と言います。

Doughnuts and all.

もちろん、好物のドーナツも、でしょうね。

©2019 Los Angeles Times
Distributed by Tribune Content Agency, LLC.

Citation: How to train like Captain Marvel, physically and mentally (2019, March 4) retrieved 4 March 2019 from https://medicalxpress.com/news/2019-03-captain-marvel-physically-mentally.html

引用元:「キャプテン・マーベルになるための心と体づくり」2019年3月4日付
https://medicalxpress.com/news/2019-03-captain-marvel-physically-mentally.html

This document is subject to copyright. Apart from any fair dealing for the purpose of private study or research, no part may be reproduced without the written permission. The content is provided for information purposes only.

※この文書は著作権の対象です。このコンテンツは、あくまでも情報提供のみを目的としており、個人的な研究または調査を目的とした公正な取引を除き、いかなる部分も書面による許可なしで複製することはできません。

This article was from Medical Xpress and was legally licensed through the NewsCred publisher network. Please direct all licensing questions to legal@newscred.com.

この記事はMedical Xpress の記事で、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comにお願い致します。

FEEDBACK

読むと、貯まるマガジン

イイね!ボタンを押したり、記事へコメントすることでマイルが付与されます。

EISAI MAGをご利用いただくと、メールやLINEなどでおすすめコンテンツなどをお届けすることがあります。

OK